売掛金の回収方法を弁護士に相談するのは時間や精神的な負担の軽減になり、また相手にもプレッシャーを与えることができます。しかし、弁護士を依頼するとどうしても費用が発生してしまいます。それに加えて、確実に相手から売掛金を全額回収できるとも限りません。

例えば、和解して分割払いで売掛金を支払う約束を取り付けても、最初の1回だけを支払い、その後の支払が滞ってしまうケースもあります。このような場合、公正証書に「強制執行認許文言」の記載があれば強制執行に移ることができますが、相手に財産が無い場合はそれも難しくなります。また、相手が破産してしまうケースもあります。

こうした状況に陥る前に、売掛金の支払が期限を過ぎてもない場合にはすぐに弁護士に相談だけでも行っておくことをお勧めします。状況に応じてどのような回収方法が良いかアドバイスをしてもらうことができ、早く動くことで事態が悪化する前に手を打てる可能性が広がります。

また、弁護士にもそれぞれ得意分野があります。弁護士を探す際には債権回収の実績がある人、得意と明記されている人を選び、実際に面談して話がわかりやすいか、自分との相性が良いか、契約した際の費用の大まかな金額を提示してもらえるかなどに注意して信頼できる人を選ぶと良いでしょう。