最近では弁護士による無料相談も珍しくなくなってきました。初めて弁護士に相談したい、弁護士は敷居が高いのではないかと思う人も、無料相談であれば気軽に話すことができるかと思います。まずは弁護士を探すところから始めましょう。インターネットで売掛金や債権回収を得意とする弁護士を探せるサイトもあります。

弁護士を探したら、次に相談をしましょう。基本的に弁護士の元へ出向き、対面しながら売掛金が未回収になるまでの経緯や、売掛金の金額、相手の支払状況などが聞かれます。この時に、実際に相手と契約を交わしているかどうか証拠の提示を求められます。契約書や領収書、振込み記録など相手とのやりとりを行っている記録があればそちらを持参しましょう。今後、もし裁判になった際にもこれらの証拠は重要になります。証拠になるか自分では判断がつかないものであっても持って行き、弁護士に聞いてみると良いでしょう。

相談後、弁護士に売掛金の回収を依頼することが決まれば委任契約書を交わして着手金を支払います。着手金についての金額の相場は1万円~30万円と幅が広く、金額や回収方法によって変わります。この時に、裁判所を使わない任意交渉までの対応か、訴訟の依頼も含むのかしっかりと内容を確認しておきましょう。